BLOG

京都府立陶板名画の庭

ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」やミケランジェロの「最後の審判」が陶板で表現されています。
本物の「最後の審判」は高さ14mあるらしいですが、こちらのものも写真の通り相当な大きさです。
他に、見慣れた海外の名作や、日本の鳥獣戯画などが展示されています。
空間とそこに流れる水の使い方が良い雰囲気を作り上げています。
歴史の街・京都とは少し違った趣を感じてみるのも良いのではないでしょうか。

The Last Judgement.JPGThe Last Supper.JPG