BLOG

十三夜

先日十五夜を迎えた日本は過ごしやすい日が続いています。

十五夜は"中秋の名月"とも言いますが、これは以前ブログでも取り上げました。

http://www.furoshiki.kyoto.jp/blog/201309/000150.html

 

今日は十三夜のお話です。

旧暦の毎月13日を十三夜といいます。なかでも旧暦で9月13日、(新暦で10月中旬から下旬、)は十五夜についで月が美しいとされ、日本では宮中で宴を催して月を鑑賞していたようです。

中秋の名月に対し、後の月、といわれます。また栗や枝豆をお供えすることから豆名月、栗名月とも呼ばれます。この十三夜は日本特有の風習で秋の収穫祭の一つを言われています。

 

昔から十五夜の1か月後の十三夜も大切にし、同じ場所でお月見をしたそうです。片方しかお月見をしないのは片見月といって縁起が悪いとされたそうです。

 

この秋は美しい後の月を見ながら静かな時間を過ごすのはいかがですか?

tsukimi.jpg

https://shop.furoshiki.kyoto.jp/en/products/detail.php?product_id=108